NPO法人格について

NPO法人とは

NPOは、Nonprofit Organizationの略で日本では非営利活動法人を指します。 NPO法人とは、利益を構成員に分配することを目的とせず、活動目的を達成のために使用し、その活動は社会的使命を達成することを目的にした組織です。

NPO法人の活動内容

スポーツ系NPO法人は、スポーツ事業を行うことを通して町づくりや地域社会への貢献活動・スポーツ教室業務・スポーツクラブ運営・選手育成・スポーツ指導者派遣・スポーツボランティア派遣・スポーツイベント業務・運動部活動指導者派遣・公共スポーツ施設管理運営受託・学童保育受託業務など、その活動内容はきわめて広範囲に及ぶと考えられます。

NPO法人格を取得するメリットとデメリット

全てのクラブが法人格を取得した方がいいというわけではありません。法人格を取得することによって得られるメリットもありますが、同時に事務量が増加するなどのデメリットもあるため体力のないクラブにとっては、任意団体のままの方が良いという場合もあります。クラブの目標達成のため、メリット・デメリットを整理し、慎重に検討を行うことが必要です。

法人格取得のメリット

社会的信用の増加

団体名による契約や登記が可能

助成金・補助金が受けやすいなど、資金調達がしやすくなる

法人格取得のデメリット

活動内容に制約がある

厳正な事務処理が必要

情報公開の必要がある

なお、一般社団法人という法人格もあります。NPO法人と比べ、事業目的に制限がなく登記のみで設立が可能なため、短期間で事業を展開できるというメリットがありますが、認証がない分NPO法人よりも社会的信用力は低いとされています。

NPO法人格を取得するためには(申請・認証・設立の大まかな流れ)

全てのクラブが法人格を取得した方がいいというわけではありません。法人格を取得することによって得られるメリットもありますが、同時に事務量が増加するなどのデメリットもあるため体力のないクラブにとっては、任意団体のままの方が良いという場合もあります。クラブの目標達成のため、メリット・デメリットを整理し、慎重に検討を行うことが必要です。

設立発起人による設立総会

都道府県に申請

都道府県が公衆に縦覧

都道府県による審査

認証不認証の決定

登記所に登記

都道府県に登記謄本を届け出

NPO法人運営にあたって

スポーツ系NPO法人は、法人の存在意義を理解し、実際にどのような目的やミッション(使命)を掲げ、その実現のために具体的な非営利活動の何を事業として具体化するのか、明確な事業計画と将来展望を持っておくことが必要になってきます。

また、法人社員がNPO法人の事業に主体的に参画し、自らの能力や資源を積極的に活用することが重要となります。社員が自らの役割を充分に認識し、ボランティア精神をもって法人運営を行いましょう。

なお、平成23年6月15日に「特定非営利活動促進法の一部を改正する法律」が成立し、平成24年4月1日より施行となりました。

NPO法人の取得に関する情報は「東京都 生活文化局 東京都NPO法人ポータルサイト」で詳しく紹介されておりますのでぜひご覧ください。

http://www.npo.metro.tokyo.jp/

また、「内閣府 NPOホームページ」でも詳しく紹介されておりますのでこちらもぜひご覧ください。

https://www.npo-homepage.go.jp/

NPO法人格の取得に関してより詳しく知りたい・専門家の意見が聞きたいといった場合には東京都広域スポーツセンターの「特別アドバイザー相談」事業が活用できます。お気軽にご相談ください。